アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
シングルマザーのプチ資産形成
ブログ紹介
40代シングルマザーです。老後を考えて少しずつですが投資などをしたいと思っています。
zoom RSS

マネックス証券で積立NISA受付開始

2017/10/25 21:47
本日、マネックス正面のメルマガで
つみたてNISAの申し込み受け付け開始のお知らせがありました。

私は、投信積立購入を、
現在、セゾン投信とマネックス証券でしているのですが、
セゾン投信は今までどおり普通口座での積立を継続して、
マネックス証券は、つみたてNISA口座へ変更しようと考えています。

マネックス証券で購入している投信の方が金額が多いですし、
取り扱い投信の本数も多いからです。

基本的に、私は、インデックス投信を、
日本株と先進国株の2つを購入しているのですが、
もし資金に余裕があれば他の投信も購入するかもしれませんし、
購入する投信を変更したくなるかもしれません。

その時、やはり、選べる投信の本数が多い方がいいなと思うからです。

まずは、つみたてNISA口座の申し込みをしないといけないですので、
早めにしておきたいと思っています。

つみたてNISA口座でも、
現行通り、日本株と先進国株の投信にしようかと思っていますが、
もしかしたらも米国株投信とヨーロッパ株投信に変えるかもです。

ただ、米国株投信はあるとは思うのですが、
ヨーロッパ株投信と言うものがあるかどうかは、
探してみないとわからないですので、
今度、探してみたいと思っています。

あとは、インド株投信も考えてもいます。

おそらく、インド経済が今後伸びそうな気がするんですよね。

インド経済については伸びそうでもありますが、
その逆もありそうでリスクもありそうでもあります。

ただ、インドは今後も人口増加があり、
あまり遠くない将来、中国の人口を超えるという予想もあるようですので、
経済のパイか大きくなりそうです。

それと、インドは今後、
スマートフォンの普及により、
ネット関連のサービスなどが伸びるとの予想もあり、
やはり注目してよいのではないかと思うのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「リスク回避で円買い」が分からない

2017/09/08 21:18
北朝鮮による政情不安がある中、
日本円が「安全通貨」ということで、
リスク回避の円買いが広がり、
円高になっているといしう現状があります。

北朝鮮による政情不安は、
アメリカより日本の方が影響を大きく受けると思うのです。

なのに、どうして、ドルが売られて円が買われるのか?

北朝鮮のミサイルの恐怖は日本の方が大きいわけですよね。

北朝鮮がICBMの完成に近づいていて、
アメリカにミサイルが届くようになると言われていますが、
日本に届くミサイルはとっくに完成しています。

今、北朝鮮がミサイルを発射して被害を与えようと思えば、
まずは、日本か韓国です。
そして、もしかしたら、中国です。

つまり、今、北朝鮮がミサイルを地上に向けて発射するとすれば、
アメリカではなく日本の方が被害を受ける可能性が圧倒的に高いはずです。

なのに、なぜ、日本円が安全通貨なのか?

日本にミサイルを撃ち込まれると、
日本経済はかなり影響を受けると思います。

となれば、日本円は売られると思うのですが、
そうではないようですよね。

金融の世界の考え方というものが、
今一つ理解できないでいる私です…。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日銀の日本株ETF買い

2017/07/14 11:24
日銀がすごい勢いで日本株ETFを買いつつどけてきていることで、
多くの銘柄において大株主になっている
と言われていますよね。

数年前から、日経平均が下がると
日銀の日本株ETF買いが入って株価を買い支えている
と言われていました。

株の売買をしている人たちや機関投資家たちは、
日本株が下がると日銀の買いが入るから、
簡単に儲けられると言われてきていましたよね。

日銀は買った株をいつかは売らなければいれないわけです。

どのタイミングで売るのか分かりませんが、
日本株インデックス投信を積立購入している私としては、
日銀が株価を買い支えているので高い株価での買いなりますし、
私が年金生活になって積立購入している投信を売却する時に、
日銀が株を売ることによって株価が下がれば、
リターンを得るどころかマイナスとなってしまうかもしれません。

日銀だけでなくGPIFも日本株を買っている訳で、
GPIFも年金支給のために株を売らなければいけないというタイミングが来るでしょうし、
そのタイミングが私が日本株投信を売り崩して生活費に充てる頃とは重なってほしくないものです。

こういう心配と言うか不安がありますので、
日本株投信を売って、先進国株投信や米国株投信へ買い替えようか
とも考えていることろでもあります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


積立NISAが来年1月からはじまる

2017/05/20 11:09
以前からあったNISAに加えて積立NISAというサービスがはじまりまるようですね。

イデコや積立NISAは長期的な投資を目的としたもので、
政府の貯蓄から投資へという戦略と、
自分の年金は自分である程度作るようにという戦略が垣間見られます。

NISAは確か非課税期間が5年くらいのはずですが、
積立NISAは20年と長期間なので、
私のように自分年金的に毎月投信を積立購入している者にとっては
どんぴちゃで使える制度となっているように思います。

イデコは途中でやめてもお金に変えられないという不便がありますが、
積立NISAはそういう不便もないですので、
私は積立NISAにしようかと思っています。

私は、今、3本の投資信託を積立購入しているのですが、
証券会社は2つ使っているのです。

ですので、どちらの証券会社で積立NISA口座を作るか迷います。

セゾン投信はセゾン投信でしか購入できませんので、
他の証券会社で購入と言う訳にはいきません。

他の2本は、日本株インデックス投信と
先進国株インデックス投信ですので、
どこの証券会社でも購入できますし、
似たような投信へ乗り換えることもできます。

ですが、セゾン投信でこれらのインデックス投信を購入することはできません。

なので、どちらで積立NISA口座を作るか迷うのです。

積立NISAは来年の1月からですので
それまでじっくり考えて決めようと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


個人型確定拠出年金にすべきか否か

2017/03/17 15:45
「個人型確定拠出年金」がイデコという呼び名が付いて、
最近、注目度が高いですよね。

「個人型確定拠出年金」でも、
投資信託を積立購入して行けるみたいで、
しかも、節税効果が高いようです。

「個人型確定拠出年金」で積立をすると、
その積立金額は所得税控除にできるみたいですし、
運用益も非課税になるみたいです。

普通の積立投信だと、運用益には20%の税金がかかりますし、
所得税控除の対象にもなりません。

なので、どうせ、年金生活になるまで
積立投信を積み立てるつもりで投資しているのですから、
ならば、税優遇がある「個人型確定拠出年金」に変えようかと。

今、私が、積み立てているインデックス投信や
バランス型投信と同じような投信を「個人型確定拠出年金」でも積み立てるようですし。

ただ、一つだけ不安なのが、
「個人型確定拠出年金」は60歳まで解約できないというところ。

もし何かがあって、投信を解約してお金にしなければいけないという事態になったりしたら、
「個人型確定拠出年金」だと解約できないのですよね。

正直、迷っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本株が好調だけれど

2017/01/28 11:35
アメリカ大統領にトランプがなることになって以来、
米国株も日本株も好調に上がっています。

しかし、日本株は果たしてこのまま好調を維持できるのか?

メキシコとの国境に築くという壁の建設費の捻出方法として、
メキシコをはじめとする貿易赤字国へ20%の関税をかけるという発言がありました。

米国の貿易赤字国として日本は第3位です。

ということは、日本製品に20%の関税がかけられる可能性がなきにしもあらずですよね。

それど、TPPの代わりとして、
米国は2国間の通商協定を考えているとも言います。

2国間での協定となると、
日本はTPP以上に不利な協定になるのではないかとも言われています。

そうなれば、日本の経済にも少なからず影響があり、
日本経済が低迷へと向かう可能性もあるわけですよね。

そうなれば、日本株は下落するという可能性もあるわけでして。

とはいえ、私としては、積立購入している日本株投信は、
日本株が上がっても下がっても積立を続けるつもりでいますが。

私にとって一番いいのは、
年金を支給される年齢になり、
積み立てた投信を現金へと換えるときに日本株が上がっている状況がベストなんですよね。


そうなることを願って、投信の積立購入を続けるつもりです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トランプ当選の日の株価家下落はなんだったのか?

2016/11/12 20:53
アメリカ大統領選挙の開票日の速報、
私はたまたま家にいたのでニュースなどてずうっと見ていました。

見ていたと言っても、家事とかの用事をしながら、
片眼で見ていたという感じでしたが。

その開票状態を伝えるテレビに、
午後2時過ぎくらいだったか、
日経平均1000円超下げと言うテロップが流れたんですよね。

ほぼトランプの当確が確実が見えてきた頃、
オハイオやフロリダがトランプが取ったころだったと記憶しています。

私は、日経平均1000円超の下げと言う速報を見て、
イギリスが投票でEU離脱を選択した時のことを思い出し、
すぐに日経平均は戻るだろうなと思って見ていました。

ああ、また、誰かが(あるいはどこかの組織的な人たちが)
空売りで儲けているんだろうなと思って見ていました。

この動きに乗って、一緒に空売りをした人は儲けたでしょうし、
株価が急激に下がったのを見て売り急いだ人たちは損を下のではないでしょうか。

そして、次の日になると、
下げた分がそっくり戻していました。

空売りで儲けた人たちは、
底値で買って、前日の下げ前の株価に戻ったところで売ってと、
2度も儲けたのではないでしょうかね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


金は今が買い時?

2016/09/21 14:16
私は金の積立購入を7月からはじめましたが、
金価格がある程度高くなってからはじめましたので、
タイミングとしてあまり良くなかったのではないかと思っていました。

しかし、ネットの経済関係の記事で見たのですが、
円高の今が、金を買うタイミングとしてはいいのだそうです。

その記事を読んで、少しほっとしました。

ですので、今までどおり、
これからも金の積立購入を続けていくつもりです。

日銀がマイナス金利という、
なんか禁じ手的なものを感じる政策をしているし、
マイナス金利というものが経済全体にどういう影響を及ぼすのが、
素人同然の私には良くわかりませんが、
とにかく、マイナス金利というのは正常ではないということを感覚的に感じます。

ですので、金、というものに少しでも避難的にお金を回しておくのがいいのではないかと感じます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


先進国株投信、運用は停滞気味

2016/08/30 14:57
私が積立投信で積み立てている投信の一つに
海外先進国株インデックス投信があるのですが、
運用益がほとんど出ていません。

米国のNYダウが最高値を更新しているのに、
運用益がほぼ出ていないのは、
たぶん、円高で相殺されるカタチになっているのだと思います。

長いスパンでの積立購入を考えていますので、
現在、運用益が出ているかどうかはあまり気にすることなく積立を続けています。

そもそも、年金だけでは生活費として足りないのは確実なので、
年金以外の収入を得るために投資信託を積立購入しています。

ですので、積み立てた投信を取り崩して使う時に、
運用益が出ていればいいわけです。

少なくとも、あと10年くらいは積立を続けるわけですので、
10年後に米国をはじめとする先進国経済が好調で、
しかも、そのときに円安になっていれば運用益が出るのですがね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


金の積み立ても開始

2016/07/22 16:17
私は、マネックス投信で日本株投信の積立購入をしているのですが、
マネックス証券ではゴールドの積立購入もできるということで、
分散投資の一環として金の購入も加えてみることにしたのです。

たけど、金価格は今上がって来ているので、
購入をはじめるタイミングとしてはあまり良くない感じもしますが。

でも、始めようと思った時がはじめ時と考えて
7月から金の積立購入をはじめました。

もちろん、投資信託の積立も継続です。

株式投信の方は、
英国のEU離脱騒動で世界の株価が同時下落となりましたが、
今は、世界の株価が回復してきていますし、
米国のNYダウは最高値を更新するほど上がっています。

とりあえず、現在、ある程度株価が回復しているので、
私が積立購入している日本株投信も先進国株投信も
含み益が再び出てきているところです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


円高で日経平均1万5千円台へ下落

2016/06/17 21:29
昨日、ドル円の為替相場が1ドル103円台となり、
それと連動する形で日経平均が1万5千円台まで下がりました。

じりじりと下がっていた日経平均が、
1万6千円台を割ってしまいました。

日経平均の指数連動型の
インデックス型投資信託を積立購入している身としては
長期的スパンで資産形成するつもりとはいえ、
日経平均が下がりすぎるのはちょっと心配です、

米国が利上げを見送り、
日銀は追加の金融緩和策を出せない、
ヨーロッパでは英国のEU離脱が危ぶまれている、
ということで相対的に円への評価が高まり、
円高となっている。

円高になると日本の輸出企業の収益が悪くなるので、
輸出企業の株が売られる、
ということで日本株が売られる。

しかし、日本の経済を復活させるには、
GDPの6割と言われる個人消費が上向かないといけないと言われていますよね。

しかし、将来に不安があるので、
お金を使えなくて貯めるという行動になるんですよね。

だから、日本政府がやるべきことは、
将来不安をなくすこと。
つまり年金への不安をなくすことなのではないかと私は思うんですよね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均、低調ですね

2016/05/24 14:49
ここのところ、日経平均は1万6千円台を維持しているという感じて、
まあ、落ち着いているという見方もできないではないです。

しかし、今の日本株は、
買い手として日銀やGPIFくらいしかいなく、
彼らが買うことでどうにか株価を維持していると、
という記事もありました。

ということなら、彼らが買わないと、
今の日経平均は維持できないということですよね。

私たちの年金がこういうかたちでつぎ込まれて日経平均が維持されている、
というのはなんかとても不安です。

私たちが年金を給付される時に、
株で大きな損失を出してしまったので、
支給額を減らせてもらいます、
なんてなったらとんでもないことですよね。

こういうことを考えると、
やはりある程度は自分で年金に代わるものを準備しておかないと不安ですよね。

そうなると、消費もあまりしないで、
将来のために、ということになって日本経済の停滞が続くという悪循環にもなるという…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リート(不動産投信)にも投資するべきか?

2016/04/16 14:00
投資をする上で、投資先を分散するのは鉄則だと言われていますよね。

なので、私は、最初に投信積立購入をするときに、
それ1本で分散投資できる「セゾン投信」バランス型投信にしました。

国内・海外債券、国内・海外株式、
それと新興国の債券と株式に分散して投資するという投信です。

しかし、不動産は入っていないんですよね。

それと、できれば、金への投資をすれば、
分散投資はある程度できたかな、
ということになるのではないかと思っています。

それで、今は、不動産の投信であるリートへ興味をもちはじめています。

国内の不動産投信のJリートです。

注目しているのは、
医療・介護関係へ投資するリート、
あるいは今後の訪日観光客のさらなる増加を見込んで
ホテルや宿泊施設へ投資するJリートが良いかななんで思っています。

それと、Jリートは積立購入できるのか、
できるとすれば月々5千円とか1万円とかの少額投資ができるのかという点です。

ちょっと勉強してみます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


投信の手数料下げ競争

2016/03/17 14:11
日本で販売されている投資信託は、
米国などと比べて販売手数料や信託報酬など、
投信の手数料が高いと言われていました。

ですから、私は、積立購入している投資信託は全てノーロードですし、
インデックス投信とバランス型投信なので、
信託報酬も低いものです。

日本株インデックス投信も、
先進国株インデックス投信も、
ノーロードであることはもちろん、
信託報酬が低いものを探して購入を決めました。

積立投信は複利効果を得るためにも、
信託報酬ができるだけ低いことが大切だと学んだからです。

その、日本の高い信託報酬も、
昨年末くらいから下がってきている傾向にあり、
インデックス型だけでなく
アクティブ型投信にも信託報酬下げの波がきているようです。

私はアクティブ型はあまり興味ないので購入しませんが、
アクティブ型投信の購入を検討されている方は、
新しく設定されるアクティブ投信の中には信託報酬が低いものが増えているので、
チェックをされてみるといいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均、今日も不調

2016/02/19 14:54
日経平均株価、今日、現在、1万6千円を割っています。

少し上がれば、また下がるという繰り返しですね。

日銀のマイナス金利政策は、
株価に対してまったく効果がないようですね。

それと、もしかして、2月に入ってからも
GPIFは買いに入っているのでしょうか。

私たちの税金で株価対策をしているのだとしたらもってのほかです。

こんなことをするから、ますます年金に対する信頼が下がり、
年金を支払わない人がいたり、
年金が信用できないから自分で投信とかを積み立てなきゃ、
と思う人が増えるんですよね。

それに、年金が本当にちゃんともらえるのか不安だから、
現金世代の人たちもお金を使えないでいるということもあるし。

ホント、この国の年金制度は信頼できないんですよね。

信頼できなくても年金保険料は支払い続けていますけど…。

その保険料を株価対策に使われていると思うと腹が立つし、
益々不安になるし。

マイナス金利って日本では誰も体験していないし、
だから、いろんなことがどうなるか分からないし、
なんか不安だらけですよね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均が1万7千円を割っている

2016/01/19 21:40
今年になってから日経平均が下がり続けて、
昨日は1万7千円を割っていましたよね。

私は日本株のインデックスファンドを積立購入しているのですが、
たぶん、かなり、運用成績が落ちてきているはずです。

私が使っているマネックス証券のウェブサイトにログインして確かめていませんが、
日経平均がこれだけ下がってきているので、
運用成績は落ちているのは確実です。

しかし、私は、長期投資で積み立て続ける予定ですので、
今回の株価下落を、安い価格で投信を購入できると喜ぶことにしています。

私が投信を積み立てている理由は、
老後にもらえるはずの年金だけでは足りないからです。

その足りない分を投信を積立購入しておいて、
年金をもらう頃になったら、
少しずつ取り崩して年金の補完収入とすると考えているからです。

でも、やはり、株価が下がるとちょっと心配になります。

まあ、また、徐々にでも上がって行ってくれればいいのですがね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アメリカの利上げの影響は?

2015/12/18 15:19
アメリカがとうとうと利上げをしましたね。

アメリカの利上げが世界経済にどのような影響を与えるのか、
戦々恐々的に見守っていたようなところもありましたが、
実際に利上げが行われても、
利上げの幅が小さかったこと、
市場においては折り込み済みだったということもあり、
際立った影響はなかったようですね。

日本株も下落という方へは動きませんでしたし、
為替相場も少し円安に動いた程度でした。

ただ、今回の利上げはファーストステップで、
来年、さらに、3回から4回の利上げを予定しているそうです。

考えられる影響として、
新興国へ投資されていたお金が利上げによって、
アメリカへ戻っていくと言われ、
新興国経済に良くない影響を与えられると言われています。

新興国の経済が停滞することになると、
その影響を被る日本企業もあるでしょうから、
実際のところ、アメリカの利上げによる影響はこれからじっくり見て行かなくてはいけないのでしょうね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日経平均が2万円目前に

2015/11/24 11:06
日経平均株価が2万円目前まで上がって来ていますね。

一時は1万7千円台くらいまで下がるのではないか、
という株価でしたが、
なんだか知らないうちに2万円まであと一歩まで上がって来ています。

中国株下落のショックから時間がちょっと経過して、
投資家たちもまた買い始めているということかな?

とはいえ、国内の消費はそれほど上向いていないんですよね。

だけど、貿易収支は原油安の影響もあって黒字になったといっていましたし、
それも影響して株価か上がっているのかな?

素人にはどういう要因で株価が上がり下がりしているか分からない部分がありますからね。

ニュースで報道されている株価についての報道も
それをそのまんま受け取ってはいけないと聞いたことがありますし。

まあ、とりあえず、日経平均が上がって来ているのは喜ばしいこと。

でも、生活者実感としては、
それほど日本経済が良くなっているとは感じられないのですがね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


若年層も積立投信

2015/10/24 12:10
先日、経済記事で読んだのですが、
20代、30代の方も積立投信の購入をする人が増えているみたいですね。

NISA口座を開設して、
インデックスファンドやバランス型投信を中心に
毎月3万円程度の積立購入をする人が多いそうです。

私は彼らより上の世代に当たりますが、
購入しているファンドはほとんど同じかも。

20代、30代の内に積立購入をはじめると、
年金をもらえるころまで積み立てると考えると
30年〜40年間は積み立て続けるわけですから、
かんりの金額になるのではないでしょうか。

月3万円の積立だと年間36万円、
10年で360万円、30年だと1080万円です。

元本割れのリスクがあるとはいえ、
逆に株価上昇などがあれば複利効果もあり、
それなりの金額になるはずです。

貰える年金額が今の世代と比べるとかなり少なくなる世代ですので、
今からそれを見据えて投信を積立購入しているそうです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


基準価額が落ちています

2015/10/12 21:46
私はあまり多くないお金を3つの投資信託を積立購入しているのですが、
その一つに「ニッセイ日経225インデックスファンド」があります。

販売手数料は無料のノーロードですし、
信託報酬も少なく、
日本株へ投資したいということで、
沢山ある日経平均指数連動型のインデックスファンドの中から
「ニッセイ日経225インデックスファンド」を選びました。

今年の前半は日経平均が上がって来ていたので良かったのですが、
2万2千円を超えていた日経平均株価が今は1万8千円くらいになり、
基準価額はけっこう落ちています。

日本株のインデックスファンドはどれも落ちているのでしかたないのですが、
自分が購入している投信の基準価額が落ちるというのは、
あまり良い貴殿ではないものですよね。

安倍政権は安保法案がある程度目処がついて、
これからは経済だと力を入れて発表していましたが、
中国経済が減速してその影響を受ける形で日本株は下落しているようなので、
そう簡単に持ち直すのかなという疑問がなきにしもあらずですよね。

20年くらいはじっくり時間をかけて積み立てていく予定なので、
その20年後には今より高い株価になっていてほしいんですよね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

シングルマザーのプチ資産形成/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる