NISAは2階建てになるみたい

つみたてNISAではない方の
一般のNISAの方ですが
将来的に2階建てになるみたいです。

1階の部分は「積み立て枠」として年20万円が割り当てられて
投資信託などの長期的に投資する部分、

そして2階部分は今まで通りで
株でも投資信託でも年102万円をわりあてられます。

この新NISAは、現行のNISAが終了するあと、
2024年からとなります。

今までは、つみたてNISAか
いっぱんNISAのどちらかを選ぶことになりましたが、
新NISAになると一般NISAで株などでの短期取引と
積み立て投信などの長期の積み立て投資の
両方ができるようになるということですね。

楽天証券、SBI証券も投資信託の購入手数料を0円にとのこと

LINE証券、マネックス証券に続いて、
楽天証券、SBI証券も投資信託の購入手数料の無料化を発表した
との記事がありました。

つまり、全ての投資信託の
購入手数料(販売手数料)が0円になるということです。

なので、全ての投資信託が
ノーロード投信になるということですね。

今まででも、購入手数料無料の投信の本数は多かったのですが
全ての投信がノーロードになるというのは
販売では儲けにいですよということなので
ネット証券会社は収益性を犠牲にしてでも
購入のしやすさを提供する方が良しとしたのでしょうね。

以前は、投資信託といえば、
リタイアした年金世代の方が
毎月分配型の投資信託を購入するのがメインでしたが、
今では、若い世代の方々も
自分年金の形成、資産形成として、
つみたてNISAイデコなでどて投資信託を購入するので
ネット証券もそういう人たちにアピールして選ばれる必要がありますからね。

ライン証券の投資信託

スマホでできる投資サービスの「ライン証券」、
私はあまり注目していなかったのですが
取り扱いの投資信託が全てノーロード、
つまり販売手数料無料とするみたいです。

販売手数料無料については
それほど珍しいことではないのです。

ネット証券の投資信託も
インデックス投信やバランス型投信の多くは
ノーロードの販売手数料無料ですから。

それはそうと、
ライン証券は100円から投資信託を購入できるみたいですので、
若い方で投資信託の積み立て購入を始めてみたいなという方は
入り口として入りやすいのではないでしょうか。

エポスカードも積立投信を買える

前回、セゾンカードで投資ができると書きましたが、
セゾンカードより前に、積立投資を提供しているクレジットカードがあります。

エポスカードです。

エポスカードとは、
マルイ(丸井)のクレジットカード会社です。

エポスカード経由で
tumiki証券に口座を開設して、
あとは自動で毎月一定額をエポスカード経由で積立投信を積み立てていく
ということになります。

エポスカードでの支払いになるので、
投資分にもエポスポイントが貯まります。

気軽に投資をはじめたいなという方は、
セゾンカードやエポスカードでの投資をはじめてみる、
というのも一つの選択肢です。

セゾンカードが投信や株を買えるように

クレジットカード会社のクレディセゾンが
セゾンカード・UCカード会員向けに、
クレジットカード決済での
積立投信購入や株式購入をできるようにしましたね。

スマートフォン証券サービス「セゾンポケット」というサービスで
投資信託はセゾン投信の
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」
「セゾン資産形成の達人ファンド」
を積立と購入できるようです。

クレジットカードで簡単に投資ができる
というサービスについては、
エポスカードが先んじて提供しています。

今後、他のクレジットカード会社も、
簡単に投資を始められるサービスをはじめていくのでは
という気もします。

投資をはじめる敷居が低くなることはいいことだと思いますが、
無理に投資をはじめる必要もないということも同時に思います。

イデコ手数料の値下げを求める声が上がっているとのこと

日経新聞の記事によると、
イデコの月105円の手数料は高いのではないか、
という声が高まっているそうです。

なぜかというと、
利回りの低い定期預金で運用すると
105円の手数料によって
元本割れしてしまうからとまことです。

現在の定期預金を含めて預金の金利は
ほぼないと言っていいくらいの低金利ですからね。

そりゃ、月々105円の管理手数料を差し引かれると
マイナスになってしまう場合も多いでしろょう。

そもそも、この管理手数料って、
どこに入って、何に使われているわけ?
という疑問が私も以前からあったんですよね。

火災保険に水災を後で追加はできない?

我が家の火災保険、
台風19号の後でチェックしてみたら、
水災は補償されないタイプだったのです。

水災・水害の補償も追加しないと、
と思っていたところ、
あるテレビで保険に詳しい方が
ほとんどの火災保険は、
後から水災・水害の補償を追加できないのだそうです。

加入している火災保険を解約して、
再度、水災・水害が補償されるように火災保険に加入しなおさなければならない
ということだったのです。

我が家の火災保険は、
富士火災で30年間の一括で加入していたのです。

地震も補償されないのです。

不動産屋さんへおまかせのまま加入したのですが、
今になって後悔しているところです。

解約して水災・水害、
そして地震も補償される特約に付けての
再加入にするか。

あるいは、今の火災保険はそのままにして、
別途、水害も地震も補償される火災保険に加入するか。

日経平均2万3000円超え

日本株が好調のようで、
日経平均株価が久しぶりに
2万3000円を超えたとニュースが先日ありました。

日本に住んでいての実感としては
日本経済が良くなっている感じはしないですし、
消費税も上がって消費も停滞しているでしろょうし、
そんな中、なぜ?
と思ったのですが、
海外の投資家が日本株の買戻しをしているのだとか。

他の投資先と比べて、
投資効果が大きいと判断してのことなのでしょうね。

PASMOクレジットカード紹介サイト

5月も半ばを過ぎましたが、
4月から新生活を始めた方々も
だいぶ慣れてきたころではないかと思います。

首都圏で新生活を始められている方は
通勤や通学で必須なのは
PASMOかSuicaですよね。

でも、通勤・通学で使うということは
ほぼ毎日使うということですので、
チャージするにせよ定期券を使うにせよ、
どうせならポイントを貯めてお得をゲットした方がいいと思います。

そういう場合、チャージをクレジットカードからすれば
ポイントが貯まるようになっています。

詳しくは、こちらのサイト
パスモ(PASMO)にオートチャージできるクレジットカードとパスモ利用ガイド→
が参考になるのですが、
PASMOにチャージできるクレジットカードは、
私鉄の会社や地下鉄の会社が発行しているクレジットカードでないとダメとのことなんです。

ただ、Suicaの方は、
カード型のSuicaはビューカードでなーければいけないみたいですが、
モバイルSuicaならどのクレジットカードで良いとのことです。

アップルペイでモバイルSuicaを利用する場合も、
ほぼどのクレジットカードでもいいみたいです。

専業主婦はイデコをしない方がいいみたいです

テレビらもよく出演している
経済ジャーナリストの荻原博子さんが
専業主婦はイデコをやめておいた方がいい
とおっしゃっている記事がありました。

なぜかというと、
【1】iDeCo最大のメリット「所得控除」が受けられない
【2】60歳まで引き出せない
【3】手数料がかかる
【4】50代主婦は注意。加入期間10年未満だと60歳から受け取れない
という4つの理由を上げられています。

私ももっともだと思いますし、
ならば、イデコではなく、
つみたてNISAをやればいいと思います。

【1】の所得控除はつみたてNISAも受けられませんが、
【2】については、つみたてNISAはいつでも引き出せるし、
【3】については、イデコみたいに「新規加入時手数料」「口座管理手数料」がないし、
【4】については、いつでも解約できるので、いつでも受け取れることになります

ということで、専業主婦の方は
老後2000万円問題のかいけつ策の一つとして、
つみたてNISAを考えてみるといいと思います。

REIT指数が12年ぶり高値

REIT指数が12年ぶり高値という
ヘッドラインが目につきました。

東証REIT指数が
12年ぶり高値水準にあるそうです。

REIT(リート)とは不動産投資信託です。

分散投資するうえで、
不動産へ投資しておくといいとは以前から知っていますが、
どうも不動産には苦手意識があるというか
敷居の高さを感じるというか、
不動産の値動きというものが良く分からないというか、
とにかく、そういう気持ちが強くて
リートはまだ購入したことはないのです。

少しずつですがゴールドにも投資をしているので
リートも積み立て購入できるのであればした方がいいのですよね。

Tポイントで投資ができる

楽天スーパーポイントで投資をできるのは知っていましたが、
Tポイントも投資ができるみたいですね。

SBIネオモバイル証券に口座を作れば、
Tポイントで株式投資ができるそうなんです。

500ポイントから投資できるみたいです。

実際のお金で株式投資をするには
ちょっと損をすることを考えればできないかも
という人でも、
ポイントなら気軽にできるのでは。

投資した株が大幅に下がっても
もとはポイントだし、
と思えばそれほどショックでないと思いますし。

Tポイントをお金として投資するので、
投資した株を売ったらお金で受け取れます。

投資に興味はあるけれど…
という若い人は案外多いと思います。

Tポイントでまずははじめてみるのもいいかも。

金価格は高値が続く

私は一応、分散投資として、
月々5千円とわずかずつですが
マネックスゴールドで
積立購入をしています。

3年前くらいから積立たと思うのですが、
ずうっとマイナス運用だったのです。

それが、今年になって、
金価格が高値になって、
私の金投資もプラス運用へ転じてくれました。

その金価格ですが、
相変わらず上がっているようで
9月5日と25日には、グラムあたり5325円を付け、
1980年以来の高値を更新している、
とのことてげす。

私的には、今は、
別に上がってくれなくてもいいのですよね。

今ではなく、
老後生活で積み立てたゴールドを
切り崩して売るときに金価格が高くあってくれれば、
そりまでは低くてかまわないのですよね。

ソフトバンクの株価が下がるの?

ソフトバンクグループは、
孫さんがサウジアラビアから資金を預かったりして、
世界にユニコーンと言われる会社に資金を提供していますが、
その一つであるウィーワークがいろいろと良くないようで、
予想利益6000億円減となる見込みなのだとか。

ウィーワークって確か、
officeのレンタルですよね。

そういう企業がそれほど伸びるものか
と素人の私は以前から思っていました。

それほど需要があるものなのかと。

時代の先が見えている孫さんだから
貸しオフィスの需要は伸びるものなんだろうな~
と思っていましたが、
もしかしたら、私の方が見えてた?(笑

日本株に投資するインデックスファンドの多くは
おそらくソフトバンクにも投資しているでしょうから
少しは影響があるのかも?

つみたてNISAも延長のようです

イデコが64歳までとなることに続いて、
つみたてNISAも2037年までの予定が
延長される方向で検討されているとか。

自分年金を奨励しているのですから
その根幹的制度であるこの二つの制度は
しっかりと延長とかをしていかないといけませんよね。

つみたてNISAも2037年までの予定なので、
今年から始める人は19年しか制度をりようできないことになるのです。

来年から始める人はさらに1年少なくなります。

本来は20年間非課税ということなので、
やはりこれからはじめる人も20年間非課税の恩恵を
受けられるべきですよね。

イデコ年齢上限を引き上げに

厚生労働省は
イデコができる年齢を
現在の59歳までを
64歳までと引き上げるようです。

年金の支給開始年齢も
65歳からとなるわけですから
それに合わせてイデコの年齢も引き上げるのは
合致していることだと思います。

それに、定年の年齢も引き上げていくということですので
それにイデコを合わせる必要もありますし。

自分年金として備えておきたいという人は
イデコやつみたてNISAを上手に使って老後の資金を作るといいと思います。

金価格 まだ上がるとの予想

金価格の高値が続いているみたいですね。

アメリカのシティグループは、
今後、2年で、1オンス=2000ドルを突破する
という予想を発表したとのこと。

私としては、まだまだ上がらないで、
できれば安い価格が続いて、
10年、20年後に、
老後の生活資金として
金を売却するときに
高値になっていてほしいのです。

なので、内心、
今の金価格の上昇を見て、
そけほど上がらなくていいから、
と思ってもいるのです(^^;

ガソリン値上がりしてる

原油価格が落ち着いたとのことでしたが、
ガソリン価格はやはり上がっていますね。

我が家の近くにあるガソリンスタンドの
ガソリン価格をこまめにチェックしているのですが、
130円(16日)
132円(17日)
142円(20日)
138円(22日)
140円(本日)
というように変化しています。

ガソリン価格は上がっているけれど、
灯油価格の方はそれほど上がっていないということです、

これから季節は冬です。

ストーブで灯油をガンガン使います。

灯油価格が上がると
家計に響きますので
どうにか灯油価格は上がってほしくないですね。

原油価格が下落

原油価格が2日連続で下落したそうです。

よかっだてす。

ガソリン価格が上がるのは困るし、
これから冬になるのに灯油価格も上がるとなると
家計的に大きな負担になりますからね。

しかし、2日連続で下落したからと言って、
安心はできないそうです。

サウジアラビアの原油生産量は
月内に回復すると発表したとはいえ
中東情勢は流動的で、
また、こういう軍事攻撃があると
原油価格に大いに影響しますからね。

平穏な世界を望みます。

原油価格が上がってる

サウジアラビアの石油施設が
ドローンで攻撃を受けて
大規模な被害が出ているようですね。

サウジアラビアの石油生産量の
1/2に被害が出ているとのことですし、
日本はそのサウジアラビアから
輸入原油の1/4を輸入しているとのことです。

WTI原油先物や
NY原油価格が15%超での値上がりをしてもいるようです。

もしかしたら、世界経済全体への影響がないか
ちょっと気になるところです。

あとは、消費者として
ガソリンや灯油の価格が今後上がるのではないか
ということが気になります。

私は、とりあえず、昨日、
速攻でガソリンを入れておきました。

1/2くらいまだタンクに残っていましたが、
もしかしたらガソリンが上がると思い
給油してきました。
20リットルくらいでした。

今日、そのガソリンスタンドのガソリン価格を見ましたら
昨日より1リットル2円上がっていました。

明日以降、もっと値上がりするかもですね。