アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「経済・金融トピックス」のブログ記事

みんなの「経済・金融トピックス」ブログ


円高で日経平均1万5千円台へ下落

2016/06/17 21:29
昨日、ドル円の為替相場が1ドル103円台となり、
それと連動する形で日経平均が1万5千円台まで下がりました。

じりじりと下がっていた日経平均が、
1万6千円台を割ってしまいました。

日経平均の指数連動型の
インデックス型投資信託を積立購入している身としては
長期的スパンで資産形成するつもりとはいえ、
日経平均が下がりすぎるのはちょっと心配です、

米国が利上げを見送り、
日銀は追加の金融緩和策を出せない、
ヨーロッパでは英国のEU離脱が危ぶまれている、
ということで相対的に円への評価が高まり、
円高となっている。

円高になると日本の輸出企業の収益が悪くなるので、
輸出企業の株が売られる、
ということで日本株が売られる。

しかし、日本の経済を復活させるには、
GDPの6割と言われる個人消費が上向かないといけないと言われていますよね。

しかし、将来に不安があるので、
お金を使えなくて貯めるという行動になるんですよね。

だから、日本政府がやるべきことは、
将来不安をなくすこと。
つまり年金への不安をなくすことなのではないかと私は思うんですよね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アメリカの利上げの影響は?

2015/12/18 15:19
アメリカがとうとうと利上げをしましたね。

アメリカの利上げが世界経済にどのような影響を与えるのか、
戦々恐々的に見守っていたようなところもありましたが、
実際に利上げが行われても、
利上げの幅が小さかったこと、
市場においては折り込み済みだったということもあり、
際立った影響はなかったようですね。

日本株も下落という方へは動きませんでしたし、
為替相場も少し円安に動いた程度でした。

ただ、今回の利上げはファーストステップで、
来年、さらに、3回から4回の利上げを予定しているそうです。

考えられる影響として、
新興国へ投資されていたお金が利上げによって、
アメリカへ戻っていくと言われ、
新興国経済に良くない影響を与えられると言われています。

新興国の経済が停滞することになると、
その影響を被る日本企業もあるでしょうから、
実際のところ、アメリカの利上げによる影響はこれからじっくり見て行かなくてはいけないのでしょうね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「経済・金融トピックス」ブログ

シングルマザーのプチ資産形成 経済・金融トピックスのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる